契約前によく確認しておく

この記事の所要時間: 413

飲む

おいしい水を飲める製品になります。ただいろんなサーバーがあり、水にも種類があります。水道水よりもおいしい水が飲める環境を自宅に整備するのがウォーターサーバーになりますが、よく中身を知らなければ、不必要な製品になることも多いです。契約前によく確認しておくことをおすすめします。

維持費が掛かる製品

水の費用ばかりに注目してしまい、なかなか維持費について関心が向かない人がとても多いです。この維持費が掛かることから、多くの方が不必要と感じてしまい、契約を打ち切るケースが多いことを、導入する前に知っておいたほうが良いです。冷水も温水も好きなときに出すことができるのがウォーターサーバーであり、電気があるからこそ成り立つシステムです。その電気代が掛かるウォーターサーバーもあります。

月に1000円かかるとなると、やはりあきらめてしまう人もいるでしょう。ただしサーバーにもいろんな種類があり、エコモード機能が付いていれば、電気代を抑えることができます。電気代が気になるのであれば、高性能のサーバーを導入すると、維持費を抑えることができますので、これはよく覚えておいてください。

3つの無料こそ良い業者

サーバーレンタル、配達料、メンテナンスの費用が無料になっているメーカーがほとんどです。できる限りそのような業者を選んでください。まずここを基本にすることで、ある程度メーカーを絞ることができます。たくさんのウォーターサーバーを提供しているメーカーがあり、悩んでしまうことも多いです。だからこそ、この3つの無料を基本にしてみると、簡単に絞ることができます。ただここからがスタートです。良いウォーターサーバーを導入したいのであれば大切なことになります。

契約には条件が付くことも

3つの無料を実現するには、条件が付くことがあります。半年や1年といった契約をしなければ、無料にならないことが多いです。その契約期間になると違約金が発生してしまいます。高性能のサーバー導入も、そのような条件付きで無料になることが多いです。無料というおいしい話には裏があるのが、ウォーターサーバーとしてみてください。

だからこそ、最初の判断がとても大切です。ひとつのサーバーを使い続けることが、ウォーターサーバー導入にはとても重要になります。高性能のサーバーと3つの無料があるメーカーを選び、契約期間はしっかりと使い続ける覚悟を持つと納得できる導入ができます。

水に関するお話

ウォーターサーバーの水は、ほとんどが天然水ではないと言われることもあります。水に付いてよく知っておきましょう。大きくわけて天然水とRO水があります。天然水はミネラルウォーターであり、特定水源から採水したものや地下水が含まれます。RO水は地下水や水道水をろ過した純水のタイプです。その違いから始めてみると、水も選びやすいでしょう。

価格は天然水の方が高く、RO水は安いです。RO水は天然水に比べればミネラルが含まれていないことも多いですが、水道水よりはおいしい水になり、手軽に水を楽しみたいときには適しています。高いお金を支払っておいしい天然水を求めたいのであれば、ナチュラルミネラルウォーターの非加熱処理された水を求めると良いでしょう。このように、水によって種類が異なることも視野に入れてください。

月に4000円以内が相場

天然水で非加熱処理されたおいしい水であっても、月々の水の費用は3000円台ほどかかります。いわゆるおいしい水の上限がこのくらいの費用になることが多いです。これに維持費や3つの無料を考えて選ぶことをおすすめします。これが4000円を超えるとなると、やはり贅沢品になりますので、3000円台に抑えることができるメーカーを選ぶと良いでしょう。

水の使い方によって選ぶウォーターサーバーを

水本来の甘さを感じたい人であれば、ナチュラルミネラルウォーターの非加熱処理された水を選ぶと良いでしょう。加熱処理していないことから溶存酸素も多く含まれており、甘さやまろやかさを感じることができます。天然水を楽しみたい人であれば、加熱性の水でも十分楽しむことができます。

赤ちゃんや子供のために

ボトル

赤ちゃんや子供がいる家庭で気になるのは汚染された水です。放射能の問題もありますが、多くのメーカーが定期的に検査をしており、基準をクリアしている水を出荷しています。それでも気になるのであれば西日本の採水地を選ぶと良いでしょう。体が小さいことで負担が掛かる赤ちゃんであれば、ミネラルでお腹をこわすことがありますので、純水であるRO水を選び、温水の温度調節ができるサーバーを選ぶと良いです。家庭によって選ぶべきウォーターサーバーがありますので、よく検討してください。

水ばかりに関心が行くと、必ず選んだことを後悔してしまいます。あくまでもトータルで考えて、ウォーターサーバーの導入を検討することをおすすめします。水素水おすすめ水素水効果ダイエットを実施して、良いウォーターサーバー生活を送ってください。